モルディブ ダイブクルーズ(2016.12.28~2017.1.4)① 出発(成田~シンガポール~モルディブ)

 昨年12/28から今年の1/4にかけて、モルディブのダイブクルーズに参加してきました。その時に撮った写真を中心に、旅行記をアップしようと思います。

 1/4は本来なら仕事始めなのですが、今年は全く想定外の事情により1/4に出社できなくなってしまいました。その辺りの話はおいおい書いていきたいと思います。

 なお、モルディブについての説明は過去のブログで書いていますので、以下をご覧頂けるとなんとなく分かると思いますので、是非。

rangalhu.hatenadiary.jp

 【成田を出発、シンガポールへ】

 12/27に新幹線で仙台から上野まで移動、そこで1泊して12/28 6:40発のスカイライナーで成田空港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20170108121540j:plain

 年末年始のお休みの1日前ということもあってか、空港内はさほど混雑していません。ちなみに私は休暇を取得。今年のお休みは短いですよね。

f:id:Rangalhu:20170108121541j:plain

 成田空港周辺は快晴。現地もこうだといいな・・・

 成田11:05発シンガポール航空SQ637で、まずはシンガポールに向かいます。

f:id:Rangalhu:20170108121542j:plain

 機内にはまだクリスマスの飾り付けがありました。クリスマスというよりHappy New Yearの意味合いなんですかね。

f:id:Rangalhu:20170108121544j:plain

 シンガポールには現地時間16:58(日本とは-1時間の時差)に到着予定。約7時間のフライトです。

f:id:Rangalhu:20170108121548j:plain

 シンガポールには定刻通り到着。モノレールで出発ターミナルに移動します。

f:id:Rangalhu:20170108121545j:plain

モノレールは何故かポケモンのペイントが・・・車内にもこの通りポケモンが。日本以上にブームなんでしょうかね。

f:id:Rangalhu:20170108121547j:plain

 空港内の巨大クリスマスツリーにもピカチュウが・・・

f:id:Rangalhu:20170108121549j:plain

 マーレ行きの飛行機は20:35発で少し時間があったので、「大興」というお店で軽く食事します。ここ、お粥が美味しいんですよね。

f:id:Rangalhu:20170108121550j:plain

 4人で2種類(ピータンとシーフード)のお粥をシェアしました。やっぱり美味しい!ここはお勧めです。

 食事の後は、シンガポール20:35発シンガポール航空SQ452で、マーレに向かいます。

 シンガポールを出発、モルディブへ】

 マーレには定刻通り現地時間22:10(日本とは-4時間の時差)に到着。

f:id:Rangalhu:20170108121551j:plain

 ターンテーブルで荷物待ち。アジア系の人が多いです。

f:id:Rangalhu:20170108121552j:plain

  空港を出てクルーズ船に向かいます。外はびしょびしょ、直前まで土砂降りだったそうです。明日からの天気、大丈夫かな・・・

f:id:Rangalhu:20170108121555j:plain

 クルーズ船は直接接岸して乗り込むのが困難なので、まずはこのドーニ船に乗り込みます。

f:id:Rangalhu:20170108121556j:plain

  港を出発。クルーズ船に向かいます。

f:id:Rangalhu:20170108121558j:plain

 クルーズ船に到着。真っ暗で何も見えませんが(^^;

f:id:Rangalhu:20170108121559j:plain

 ドーニ船でインコが飼われていました。居心地悪そうでちょっと可愛そう(^^;

 なお、クルーズ船やダイビングスタイルについては、以下を読んで頂けると分かるかと思います。

rangalhu.hatenadiary.jp

 明日は早朝からマーレ環礁に向けて移動、そしてダイビングです。

 次回はダイビング1日目のお話を書いていきます。  

神子元ダイビング(2016.9.17~2016.9.19)

 ダイビングを始めて7年経ちますが、未だハンマーヘッドを見ることが出来ない私・・・今まで国内では与那国、海外ではフィリピンやメキシコにまで遠征しましたが、何故か一度も見ることが出来ませんでした。

 以前から神子元ハンマーヘッドが見られることは知っていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。9月の3連休に私がいつもお世話になっているショップで神子元ツアーが開催されるとの事で、参加することにしました。

 果たして念願の”初ハンマー”は達成することが出来るのでしょうか?

 というわけで、その時に撮った写真を中心に、旅行記をアップしようと思います。

【一日目:仙台を出発、南伊豆へ

 初日は移動のみの予定でしたので、10:30頃の新幹線で東京へ移動、蒲田駅でピックアップしてもらい、神子元がある南伊豆町に移動します。

 途中、さほど渋滞に巻き込まれること無く、18:00頃には南伊豆町に入ることが出来ました。 

f:id:Rangalhu:20160924122329j:plain

 夕食は、8月の伊東&館山ツアーの際も夕食を頂いた「磯辺」に行きました。

f:id:Rangalhu:20160924122327j:plain

 今回も名物「アジ丼」を頂きました。何度食べても美味しいです(^^)

f:id:Rangalhu:20160924122328j:plain

 ついでに単品で「塩辛」「イカげそバター」「アジのなめろう」を注文。どれも非常に美味!

 宿には20:00頃に到着。一日目はこれで終了です。

【二日目:ダイビング

 初日はダイビング4本の予定で、実際には以下のタイムスケジュールで潜りました。

 1本目:カメ根(8:49~9:18)

 2本目:カメ根(10:30~11:01)

 3本目:カメ根(12:27~13:03)

 昼食(船上でお弁当)

 4本目:ジャブ根(14:18~14:52)

 「カメ根」は、ハンマーヘッドのポイントですね。

 ちなみに、神子元は残圧70で安全停止に入るというルールがあるため、1本毎の時間は短くなっています。

 昼食時間が非常に短かったので、少しハードなスケジュールでした。

f:id:Rangalhu:20160924122343j:plain

 今回お世話になったダイビングショップは「海遊社」さんです。

 シャワーが沢山あり、ダイビング後のシャワーはあまり待たされることがありませんでした。でもトイレが少ない・・・もうちょっと増やして頂けると嬉しいです。

f:id:Rangalhu:20160924122342j:plain

 この日の天気はイマイチ・・・時々雨に降られました。

f:id:Rangalhu:20160924122341j:plain

 この「福丸」がダイビングボートです。港からポイントまでは約15分です。

f:id:Rangalhu:20160924122340j:plain

 船の後ろはエレベータのような構造になっており、ダイバーを一度に5人船上に上げることができます。うねりがある時でもエキジットが非常に楽です。

f:id:Rangalhu:20160924122339j:plain

 透明度はあまり良くなく、10~15メートル程度です。

f:id:Rangalhu:20160924122337j:plain

 この通り、場所によっては魚影が非常に濃いです。

f:id:Rangalhu:20160924122336j:plain

 おそらくタカベだと思います。凄い数の群れです。

f:id:Rangalhu:20160924122335j:plain

 タカベの群れの写真をもう1枚。透明度が良くなく天気もイマイチなので、写真も今一つ・・・

f:id:Rangalhu:20160924122332j:plain

 タカベ以外にも、この縞々の魚(名前がよく分からず)が沢山群れていました。 

f:id:Rangalhu:20160924122331j:plain

 タカベの群れは凄かったのですが、結局4本潜ってハンマーヘッドはゼロ!

 明日に期待です・・・

f:id:Rangalhu:20160924122330j:plain

  夕食は宿で頂きました。

 今回お世話になったのは「ダイビング民宿 福丸」さんです。

 近くの酒屋で買った地酒と共に美味しく頂きました(^^)

 明日は3本潜る予定。どうか明日こそハンマーヘッドに出会えますように!

【三日目:ダイビング

 二日目はダイビング3本の予定で、実際には以下のタイムスケジュールで潜りました。

 1本目:カメ根(8:32~9:01)

 2本目:カメ根(10:11~10:40)

 3本目:カメ根(12:02~12:39)

 昼食(ダイビングショップでお弁当)

f:id:Rangalhu:20160924160426j:plain

 この日の天気予報は雨だったのですが、実際には少し日が差す位のまずまずの天気でした。

 ちなみに、写真に写っているのが神子元島です。

f:id:Rangalhu:20160924160429j:plain

 二日目も透明度はイマイチ。

f:id:Rangalhu:20160924160428j:plain

 この日もタカベの大きな群れが見られました。

f:id:Rangalhu:20160924160424j:plain

 タカベの群れより、ハンマーヘッドの群れを・・・

f:id:Rangalhu:20160924160425j:plain

 この日の二本目まではハンマーヘッドに遭遇することはありませんでした。

 こりゃ今回も駄目だな・・・と半ば諦めつつ3本目にチャンレンジ。

 20分ほど経過した辺りで我々のガイドが遠くを指差して声を上げました。指差した方向を見て見ると、何やら見たこと無いフォルムのサメが1匹、10~15メートルの距離に迫ってきました。何だあれは?と思いつつ凝視していると、頭がトンカチの形・・・

 ハンマーヘッド発見!!!

 慌ててカメラを構えましたが、既に遠くに去ってしまい、撮影できませんでした(涙)

 という訳で写真はありませんが、最後のダイビングでやっと1匹のハンマーヘッドに遭遇することが出来ました。

 後でガイドさんに聞いた話では、10~15メートルの距離まで近づけることはあまり無いとの事でしたので、それだけでもラッキーだったのかもしれません。

 

 ダイビングの後は昼食を頂き、機材を片付けて仙台に戻ります。

 帰りは渋滞に巻き込まれると仙台に戻れなくなる可能性があるため、伊豆下田駅から電車を乗り継いで仙台に戻りました。

 

 今回の旅行記はこれで終了です。

 正直なところ、今回は見所が少なかったせいもあり、旅行記がだいぶ短めではないかと思います(^^;

 次回のダイビングは、年末年始のモルディブツアーの予定です。

 

伊東&館山ダイビング(2016.8.11~2016.8.14)② 勝浦へ移動&館山でのダイビング

 今回は、伊東から勝浦への移動と、伊戸(館山)でのダイビングについて書きます。

【伊東から勝浦へ移動】

 伊東を朝5:30に出発し、宿がある勝浦に向かいます。

f:id:Rangalhu:20160820140115j:plain

 この日はあまり渋滞に巻き込まれること無く、スムーズに移動できました。

f:id:Rangalhu:20160820140119j:plain

 途中、いつも立ち寄る勝浦の「ばくだん」で昼食です。人気店なので、昼時は小さな駐車場がすぐいっぱいになります。入りきれずに路駐で待っているお客さんもいました。

f:id:Rangalhu:20160820140118j:plain

 ここの名物は、何といってもばくだん丼です。

f:id:Rangalhu:20160820140117j:plain

 大盛りにしなくても、この通り山盛り状態です(^^;

 伊東で食べた丼も美味しかったですが、このばくだん丼が一番のお気に入りです。

f:id:Rangalhu:20160820140114j:plain

 勝浦では毎回この「扇屋」にお世話になっています。

f:id:Rangalhu:20160820140116j:plain

 夕食はアワビ&キンメ!アワビは肝で作ったソースを漬けて頂きます。これがとにかく美味!

 この日はダイビングが無いので、食べてばかりの一日でした(^^;

 明日は館山に移動し、ダイビング2本の予定です。

【館山へ移動】

   この日は朝6:00に起床、7:00に出発です。

f:id:Rangalhu:20160821082240j:plain

 朝御飯。魚がとても美味しかったです(^^)

 途中渋滞に巻き込まれること無く、9時前には伊戸のダイビングサービスに到着しました。

f:id:Rangalhu:20160821082239j:plain

 天気はまずまず。先週の台風の影響が無くて良かったです。

 毎回伊戸では、BOMMIEさんにお世話になっています。スタッフの皆様、非常に感じの良い人ばかりで素晴らしいダイビングサービスだと思います。

www1a.biglobe.ne.jp

f:id:Rangalhu:20160821082238j:plain

 ここのポイントは流れが入ることがあるので、このようにガイドロープを使って潜行します。

f:id:Rangalhu:20160821082237j:plain

 一応ポイントマップも載せておきます。

【1本目:東の山】

 今日は2本潜る予定で、2本とも東の山付近に潜ります。

f:id:Rangalhu:20160821082236j:plain

 この日は透明度が高く、水温も高め(25度前後)です。黄色いカゴには魚のエサが入っています。

f:id:Rangalhu:20160821082235j:plain

 エイは沢山いるのですが、目当てのドチザメが見当たりません・・・

 エイは人がいてもほとんど逃げません。

f:id:Rangalhu:20160821082234j:plain

 油断していると背後から迫ってくるので、ちょっと怖いです(^^;

f:id:Rangalhu:20160821082233j:plain

 ドチザメがいないので、エイを観察。

f:id:Rangalhu:20160821082232j:plain

 中央のガイドさんがエサのカゴを開けると、エイと魚が一斉に押し寄せてきます。

f:id:Rangalhu:20160821082231j:plain

 さらに接近。ぐちゃぐちゃで何が何だか(^^;

f:id:Rangalhu:20160821082230j:plain

 口から魚の頭が飛び出ているのがちょっと怖いです(^^;

f:id:Rangalhu:20160821082229j:plain

 少し離れた場所にドチザメがいました。餌場にはほとんど近づいてきません。

f:id:Rangalhu:20160821082228j:plain

  去年はこのドチザメがどっさりいたのですが・・・水温が高いせいで、このような状態になっているそうです。

 1本目はこれで終了。

【2本目:東の山】

 2本目も同じポイントで潜ります。

f:id:Rangalhu:20160821082226j:plain

 透明度が高いので、綺麗な写真が撮れます。

f:id:Rangalhu:20160821082224j:plain

  マゴチを正面から撮影。ちょっと可愛いです。

f:id:Rangalhu:20160821082225j:plain

 エサ撒き開始。魚とエイが一斉に集まってきます。

f:id:Rangalhu:20160821082223j:plain

 2本目はドチザメを観察。このサメはお腹が大きく、子供がいるみたいです。

f:id:Rangalhu:20160821082221j:plain

 頑張って正面から撮影。ドチザメはすぐ逃げてしまうので、正面からの撮影は難しいです。

f:id:Rangalhu:20160821082219j:plain

 ずっと水底にへばりついて撮影していたため、DECOを出してしまいました(^^;

f:id:Rangalhu:20160821082218j:plain

 餌付けポイントではありますが、なかなか楽しめるポイントです。

 2本目はこれで終了。

 機材を洗って帰宅の準備です。

【仙台へ移動】

 今回のダイビングツアーは、これで全て終了です。この日は上野まで移動して一泊する予定です。

f:id:Rangalhu:20160821082217j:plain

 近くの海水浴場は、夏休み期間ということもあって、かなりの人出でした。

f:id:Rangalhu:20160821082216j:plain

 途中でお昼ご飯を頂きました。お店の名前は失念・・・

 これは貝の掻き揚げが乗った丼です。通常は2枚乗せなのですが、そんなに食べられないので1枚に減らしてもらいました。

 この後、館山道→アクアラインと移動するわけですが・・・

f:id:Rangalhu:20160821082215j:plain

 最後の最後で大渋滞に嵌ってしまい、館山から蒲田まで4時間ほどかかりました。

 とは言っても、東名・中央の50キロ渋滞に比べれば可愛いものですが(^^;

 上野のホテルには21:30頃に到着。翌日朝の新幹線で仙台に戻りました。

 

 今回の旅行記はこれで終了です。

 読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

伊東&館山ダイビング(2016.8.11~2016.8.14)① 伊東へ移動&伊東でのダイビング

 昨年の7~8月に伊東と館山でダイビングしたのですが、思いのほか海が素晴らしく楽しめた(そして食べ物が美味しかった)ので、今年はお盆休みを利用して2箇所をはしごしてきました。

 その時に撮った写真を中心に、旅行記をアップしようと思います。

【仙台を出発、伊東へ

 仙台発6:36の新幹線で東京へ移動、ダイビングショップの車にピックアップしてもらう予定だった蒲田駅には8:40頃に到着。新幹線はさほど混雑していませんでした。 

f:id:Rangalhu:20160820094445j:plain

 お盆休みの割りに、東名はさほど渋滞していないな、と思っていましたが・・・

f:id:Rangalhu:20160820094446j:plain

 途中から予想通りの渋滞です(^^;

 途中若干道に迷ったりしたこともあり、伊東のダイビングサービスには15:00頃に到着。できればこの日に1本潜りたかったのですが、残念ながら時間切れでこの日は移動のみとなりました。 

f:id:Rangalhu:20160820094443j:plain

  伊東から伊豆方面に車で約30分のところにある「磯部」というお店で晩御飯です。

f:id:Rangalhu:20160820094444j:plain

  このお店の名物「アジ丼」を頂きました。アジが山盛り(^^)

 とても美味しかったです。また食べに行きたいなあ・・・

 一日目はこれで終了です。

【1本目:SMD講習

   今回伊東に来た目的は、勿論回遊魚天国狙いではありますが、もう一つの目的としてSMD(サイドマウントダイビング)の講習を受けるためでもありました。

 SMDと言っても、決してダブルタンクで潜ろうという訳ではなく、ファンダイブとしてシングルタンクで潜るために講習を受けます。

 伊東に来る前に送って頂いたテキストで事前に勉強していましたので、この日は海洋実習です。

f:id:Rangalhu:20160820140112j:plain

 まずはセッティング。このようにタンク側にレギュレータをセットしベルトで固定します。

f:id:Rangalhu:20160820140111j:plain

 BCDは、サイドマウント用のBCDを使います。私が買ったBCDはこんな感じ。お値段は10万円弱といったところです。通常のバックマウントとさほど変わらないと思います。

 タンクは、タンク側のベルトに取り付けたシャックルをエントリー直前に(又はエントリーして水面で)BCDの左側に取り付ける形になります。直前まで重いタンクを背負わなくて良いので、かなり楽です。

 シャックルの取り付けは手探りなので、慣れるまで大変です・・・

 ウェイトは、ウェトベルトを使わずにBCDの右側にのみシャックルで取り付けて、左右のバランスを取る形になります。

f:id:Rangalhu:20160820140105j:plain

 水中では、このような感じになります。タンクが脇の下にあるので、水の抵抗がかなり少なくなります。

f:id:Rangalhu:20160820140110j:plain

 講習は「ハトヤ前」というポイントで行いました。このような砂地のポイントです。透明度は10メートルほどであまり良くありません。

f:id:Rangalhu:20160820140109j:plain

 魚の群れがいましたが、濁っていてよく分からず・・・

f:id:Rangalhu:20160820140108j:plain

 中央に写っているのはマゴチですね。

 SMDのダイビングは、バックマウントに慣れている方ならさほど戸惑うことは無いと思います。

  私なりに体験した感想ですが、

■長所

・水の抵抗が減るので、少しのフィンキックでかなり進みます(多少のアゲインストでもすいすい進む)。クルーズで激流ポイントに潜る機会が多い方には、SMDは最適ではないかと思います。

・アルミタンクの場合、バックマウントに比べてウェイトが少なくて済む(1~2キロ減らせる)ようです。理屈は分かりませんが(^^; 

・エントリー直前までタンクを背負わなくて済むので、体(特に腰)への負担が少ない、その結果疲労度が少なく感じました。

■短所

・タンクの取り付け、取り外しは手探りなので、バディがいないとちょっと大変です。慣れれば問題ないのかもしれませんが・・・

・水面で仰向け状態でバランスを取るのが、バックマウントより難しいです。

・エキジットの際は基本的に先にタンクをBCDから外して船上に引き上げてもらう形になるので、水面が流れていたりすると苦労するかもしれません。

・スチールタンクでのSMDは、左右のバランスを取るためにウェイトを多めにする必要があります。

・バックマウントに慣れている人向けかな、と思います。いきなりSMDから始める人はいないと思いますが(^^;

 SMD講習はこれで終了です。2本目からはSMDでのファンダイブです。

【2本目:白根南

 2本目は、白根南というポイントに潜ります。

 エントリーすると、表層はかなり強い流れが入っていました。でもガイドロープがあるので全く問題ありません。

 さあ回遊魚天国に期待!

f:id:Rangalhu:20160820140107j:plain

 しかし・・・回遊魚は全くいません(^^; 水温も25度近くまであり、かなり暖かいです。

 沢山のキンギョハナダイが群れています。

f:id:Rangalhu:20160820140106j:plain

 このポイントは、ソフトコーラルが綺麗です。

f:id:Rangalhu:20160820140104j:plain

  期待外れなダイビングになってしまいましたが、SMDに慣れるためのダイビングだと思うことにしました(^^;

 2本目はこれで終了。2本目の後は昼食です。

f:id:Rangalhu:20160820140103j:plain

 去年食べられなかった生シラス丼を期待しましたが、残念ながら今年も釜揚げでした。ちなみに中央の徳利はお酒ではなくだし汁が入っていて、これを丼にかけて頂きます。非常に美味しかったです(^^) 

【3本目:白根北

 3本目は、白根北というポイントに潜ります。

 事前に船長から、うねりと強い流れが入ってきているので潜れないかも、と言われていたので、非常に不安ではありましたが・・・

 エントリーすると、表層はかなりの激流(^^; ガイドロープ無しだとかなりきついです。そのような海況だったので、この時間白根北に潜ったダイバーは我々だけだったようです。

f:id:Rangalhu:20160820140101j:plain

 水底に着くと流れは穏やかになり、ものすごい魚影が見られました。

f:id:Rangalhu:20160820140059j:plain

 ヒラマサでしょうかね。かなり大きな群れがいました。他にダイバーがいなかったので、じっくり観察することができました。

f:id:Rangalhu:20160820140058j:plain

 残念ながら回遊魚天国ではありませんでしたが、非常に楽しめました(^^)

 これで伊東でのダイビングは終了です。

f:id:Rangalhu:20160820140057j:plain

 夕食は、宿の近くの「五味屋」に行きました。

f:id:Rangalhu:20160820140056j:plain

 まずは生シラスを注文。生シラス最高です!

f:id:Rangalhu:20160820140055j:plain

 メインはこれ、「ねごめし」です。

 タタキの上におろし生姜と味噌が載っていて、だし汁をかけて頂きます。これもまた美味しかったです(^^)

 明日は早朝から移動を開始、宿がある千葉の勝浦に向かいます。

 

仙台七夕まつり

 久々の更新です。前回のコモドツアーのブログで気合いを入れすぎて少々疲れてしまいました(^^;

 仙台では8月6日~9日までの間、仙台七夕まつりが開催されています。ですので、仙台市内はかなり賑わっています。

 地元な私は正直あまり惹かれない (なんせ凄い人混みなので・・・(^^;)のですが、通りすがりで何枚か写真を撮ってきましたので、こちらにアップしておきます。

f:id:Rangalhu:20160807165857j:plain

 こういった豪華な笹飾りが中央通りや一番町通りといったアーケード街に沢山飾られています。それにしても、今日は非常に暑い!!人が多いので暑さ倍増です・・・

f:id:Rangalhu:20160807165923j:plain

 仙台駅構内にも、このように飾りがあります。

 明日から天気が下り坂のようですが、きっと沢山の観光客で溢れかえることでしょうね。興味がある方は是非仙台にお越し下さい。ちなみに私は夏休みなので県外に脱出の予定です(^^;

 

 

コモド ダイブクルーズ(2016.4.30~2016.5.7)⑦ コモドドラゴン見学&帰国(コモド~バリ~成田)

 今回は、コモドドラゴン見学と、日本に帰国するまでを書いていきます。

コモドドラゴン見学

 今日は16:25発のデンパサール行き国内線に乗って移動するのですが、それまで荷造り以外することがありません。折角コモドまで来た訳だし、コモドドラゴンは是非見ておきたい・・・そこで短時間ではありますが、リンチャ島に上陸する時間をとってもらいました。

f:id:Rangalhu:20160521110940j:plain

 今日は天気が今一つ。ですが、陸上観光なので暑すぎると大変。これ位がちょうど良いです。でも暑い・・・

 船からダイビング用の小型ボートでリンチャ島に移動します。

f:id:Rangalhu:20160521110939j:plain

 リンチャ島の入り口。レンジャーが待機しています。

 皆さん、お揃いの制服?を着ています。

f:id:Rangalhu:20160521110938j:plain

 入り口を入ってすぐ、猿がいました。

f:id:Rangalhu:20160521110937j:plain

 ちょうど正面を向いてくれました。

f:id:Rangalhu:20160521110936j:plain

 道は綺麗に整備されていて、歩きやすいです。

 左側が、私を案内して下さったレンジャー。でもこの人、ちょっとの坂道でゼーハー言ってました。体力無さ過ぎです(^^;

 

f:id:Rangalhu:20160521110934j:plain

 このゲートを通って中へ。この先にコモドドラゴンがいます。

f:id:Rangalhu:20160521110933j:plain

 早速、コモドドラゴン発見。トレッキングコースの真ん中を堂々と歩いています(^^;

f:id:Rangalhu:20160521110932j:plain

 さらに接近。

f:id:Rangalhu:20160521110931j:plain

 真横から撮影。恐竜みたい・・・

f:id:Rangalhu:20160521110930j:plain

 敷地内には、リゾートがありました。まだ出来たばかりなんでしょうかね。綺麗な建物です。

f:id:Rangalhu:20160521110929j:plain

 写真だと分かりにくいですが、トレッキングコースはショート、ミドル、ロングの3種類あるそうです。私は時間の都合上、ショートを歩きました。約1時間の行程です。

f:id:Rangalhu:20160521110928j:plain

 リゾート内の建物。全て高床式になっています。

f:id:Rangalhu:20160521110927j:plain

 キッチンの建物の下に、コモドドラゴンが集まっていました。餌を待っているようです。

f:id:Rangalhu:20160521110926j:plain

 近くで見ると、ちょっと怖いです。

f:id:Rangalhu:20160521110924j:plain

 ショートトレッキングコースの入り口です。

 この後は黙々と歩き続けました。森の中はさほど見所はありません。ロングコースの海辺を歩いた方が楽しそうですね。

f:id:Rangalhu:20160521110915j:plain

 スタート付近に戻ってきました。しばらくコモドドラゴン見学。大の字になって寝そべってます(^^;

f:id:Rangalhu:20160521110913j:plain

 このように結構近づいて見学できます。レンジャーは木製の刺股を持っています。でも、本気でかかってこられたら、ぼきっと折れてしまいそうな気が・・・(^^;

 トレッキングはこれで終了。今度はもっと時間を取ってロングコースを歩きたいと思います。

f:id:Rangalhu:20160521110909j:plain

 船に戻ってから朝食です。

f:id:Rangalhu:20160521110907j:plain

 朝食後は荷造り、そして最後の昼食です。

 昼食は、日本から持ち込んだそばと、奥様に作って頂いたかき揚げのような食べ物。このかき揚げ、そばつゆと合ってとても美味しかったです(^^)

f:id:Rangalhu:20160521110905j:plain

 いよいよ船を出発。スタッフの皆さん、本当にありがとうございましたm<__>m

【コモドを出発、デンパサール~成田へ

f:id:Rangalhu:20160521110901j:plain

 ラブハンバジョ空港に到着。16:25まで空港で待機します。

f:id:Rangalhu:20160521110904j:plain

 ところで、ラブハンバジョ空港には出発ゲートが3つありますが、全ての航空会社の飛行機がGate 1から出発します。しかし、電光掲示板のような案内は一切無く、また英語の案内の放送が非常に聞き取りにくい!

 これ、何とかならないでしょうかね・・・分かりにくいことこの上ないです。改善を強く希望します。我々以外にも入り口付近の係員に聞きに来た乗客をちらほら見かけました。

 ラブハンバジョ空港16:25発国内線GA7029便で、デンパサール国際空港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20160521110900j:plain

 デンパサール国際空港には、18:00頃に到着。

 成田行きの飛行機まで6時間ほどありますが、空港内で夕食を取りつつのんびり過ごします。

f:id:Rangalhu:20160521110859j:plain

 国内線から国際線の乗り場までの行き方も、ラブハンバジョ空港同様非常に分かりづらいです。しかも暑い中結構長い距離を歩かされます・・・

f:id:Rangalhu:20160521110858j:plain

 現在、空港ホテルを建設中のようです。早く完成するといいなあ・・・

 デンパサール国際空港0:25発ガルーダインドネシア航空GA880便で、成田空港に向かいます。

 成田空港には5/7の8:50、定刻通りに到着しました。成田空港で参加者の皆さんと別れて、新幹線で仙台に戻りました。 

【おまけ

 今回のナイトダイビングで探していたスパニッシュダンサーというウミウシですが・・・

f:id:Rangalhu:20160522130512j:plain

 こんなウミウシです。

 色々調べて見たところ、沖縄方面にも生息しているみたいですね。

 実は、現地でこの存在を始めて知ったのですが、どんな見た目なのかぼんやりとした知識しかない状態で捜索してました(^^;

 赤いウミウシを見た記憶が全く無いので、実際に発見できていない事は確かだと思います。

f:id:Rangalhu:20160522130513j:plain

 ばら撒き用にデンパサール国際空港で買ったお土産、コーヒーです。上の写真は、自分用のセットですが、右側と左側のコーヒーは単体で売ってました。

 確か、左側が24,000ルピア(240円位)、右側が36,000ルピア(360円位)だったと思います。ばら撒き用には最適ではないかと思います。

 

 今回のダイブクルーズの旅行記は、これで全て終了となります。

 最後まで読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

コモド ダイブクルーズ(2016.4.30~2016.5.7)⑥ ダイビング五日目

 今回は、五日目のダイビングについて書いていきます。

【1本目:CASTLE ROCK】

 今日はダイビング最終日です。まずは1本目、昨日に続き CASTLE ROCKに潜ります。

f:id:Rangalhu:20160521093106j:plain

 今日は若干空に雲がかかっています。早朝でもありますが、ちょっと暗め。

f:id:Rangalhu:20160521093105j:plain

 エントリーするとすぐ、昨日も見た地味な魚の大きな群れがいました。

 ところで、今日まで数本CASTLE ROCKに潜っていますが、さほど強い流れはありませんでした。事前に聞いていた情報では流れは比較的強め、だったのでちょっと拍子抜けしてたんですよね。まあ、ダウン/アップカレントあり、洗濯機状態あり、ではありましたが(^^;

 ところが今日は、エントリー直後からかなり強い流れ。マスクがかなり圧迫される感じです。水温も少し低めです。

f:id:Rangalhu:20160521093104j:plain

 海底にしがみ付きながら撮影。この魚も、光が当たるとちょっと綺麗に見えます。

f:id:Rangalhu:20160521093102j:plain

 ギンガメアジとロウニンアジがちらほらと。CASTEL ROCKの朝はやはり大人しい感じです。

f:id:Rangalhu:20160521093101j:plain

 大きなロウニンアジが真上を通過。

f:id:Rangalhu:20160521093100j:plain

 相変わらず魚影は濃いです。

f:id:Rangalhu:20160521093059j:plain

 強い流れに耐えながら、サメを観察。グレイリーフかな?

f:id:Rangalhu:20160521093058j:plain

 サメはあまり近づいてくれません。

f:id:Rangalhu:20160521093057j:plain

 GoProだと、上の写真が限界。近くまで寄ってみましたが、すぐに逃げられました。

f:id:Rangalhu:20160521093056j:plain

 上の写真で、泡が横に流れているのが分かると思います。終始強い流れだったため、速めにエキジットました。

 結局、先日のダイナミックな捕食シーンは見られず。残念・・・

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:7:13 エキジット時間:7:44

平均深度:17.5m 最大深度:26.4m

水温:27.7℃

======================

f:id:Rangalhu:20160521093055j:plain

 1本目の後は朝食。昨日漬けにしておいたカツオです!

 漬け丼にして頂きました。非常に美味しかったです(^^)

f:id:Rangalhu:20160521093054j:plain

 この後、2時間ほど移動となります。これでCASTLE ROCKとはお別れです。

 綺麗な景色を見ながら、のんびりと過ごします。気が付けば、今日も晴天に。とても暑いです。

【2本目:BATU BOLONG】

 2本目は、5日間の前半で何本か潜ったBATU BOLONGに再び潜ります。

f:id:Rangalhu:20160521093047j:plain

 BATU BOLONGには、目印となる岩場があります。上の写真なんですが・・・撮る角度が悪く、イマイチな写真です(^^;

 右側の岩の塊、角度を変えると中心に大きな穴が空いているのが見えます。目印として、とても分かりやすいです。

f:id:Rangalhu:20160521093052j:plain

 相変わらず凄い魚影です。キンギョハナダイだらけ。

f:id:Rangalhu:20160521093051j:plain

 しかし、深い所の透明度はイマイチ。水温も低め。今までずっと30度以上だったのに、今日は27度程度。かなり寒く感じます。 

f:id:Rangalhu:20160521093050j:plain

 コモドは、どのポイントも珊瑚が非常に生き生きとしています。モルディブとは大違い・・・

f:id:Rangalhu:20160521093049j:plain

 浅い所はかなり綺麗です。ただ、流れがほとんど無く、回遊魚はあまりいないようです。

f:id:Rangalhu:20160521093048j:plain

 今日のBATU BOLONGは、ちょっと残念なダイビングとなってしまいました。

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:11:11 エキジット時間:11:54

平均深度:15.2m 最大深度:30.0m

水温:27.0℃

======================

f:id:Rangalhu:20160521093046j:plain

 2本目の後は昼食。真ん中に写っているのは、衣の無いコロッケのような食べ物です。インドネシア料理なのかな?とても美味しかったです。

 この後さらに2時間ほど移動、リンチャ島の近くのポイントに向かいます。

【3本目:TENGAH KECIL】

  いよいよコモドクルーズ最後のダイビングです。TENGAH KECIL(テンガー・ケチル)というポイントに潜ります。

f:id:Rangalhu:20160521093044j:plain

  シルエットだけですが、バッファローフィッシュが1匹だけいました。 

 このポイントは流れが強めです。

f:id:Rangalhu:20160521093043j:plain

 透明度はイマイチ・・・

f:id:Rangalhu:20160521093042j:plain

 ここも魚影は濃いです。透明度さえ良ければ・・・

f:id:Rangalhu:20160521093041j:plain

 枝珊瑚が綺麗です。このポイントも珊瑚は生き生きとしています。

f:id:Rangalhu:20160521093040j:plain

 グレイリーフと思われるサメが1匹。

f:id:Rangalhu:20160521093039j:plain

 このポイントは、カメが沢山いました。

f:id:Rangalhu:20160521093038j:plain

 序盤の強い流れで、期待できるポイントかな?と思っていましたが、回遊魚は一切現れませんでした(^^;

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:15:29 エキジット時間:16:17

平均深度:15.6m 最大深度:31.0m

水温:29.1℃

f:id:Rangalhu:20160521093045j:plain

======================

 明日は帰国で飛行機に乗るため、ナイトダイビングはありません。

 この後、リンチャ島付近まで移動、停泊して一晩過ごします。

f:id:Rangalhu:20160521093037j:plain

 夕食のメインはチキンです。このチキンもかなり美味しかったです。

f:id:Rangalhu:20160521093036j:plain

 今日はさらにデザート。自家製プリンです!甘さ控えめで美味しかったです(^^)

 五日目はこれで終了です。

 最後に、今日の航路とダイビングポイントの地図を載せておきます。

f:id:Rangalhu:20160521093035j:plain

 同じポイントを行ったり来たりしているので、ぐちゃぐちゃですね(^^;

 次回はコモドドラゴン見学と、帰国までのお話を書いていきます。