読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ ダイブクルーズ(2014.12.27~2015.1.3)⑫ ダイビング五日目・その2

 今回は、3本目のダイビングから書いていきます。

【3本目:KUDAGIRI WRECK】

 今回のモルディブクルーズ最後のダイビングは、「KUDAGIRI WRECK(クダギリ・レック)」というポイントです。名前の通り、沈船ポイントです。

f:id:Rangalhu:20150201083409j:plain

 沈船は、この根の近くにあります。

f:id:Rangalhu:20150201083410j:plain

 ポイント近くには、クマザサハナムロが沢山群れていました。

f:id:Rangalhu:20150201083411j:plain

 徐々に沈船に近づいてきました。レックダイビングは大好きなんですよね(^^)

f:id:Rangalhu:20150201083412j:plain

 船は、ほぼ原型を留めています。

f:id:Rangalhu:20150201083413j:plain

 カスミアジ登場。人間を全く恐れることなく、かなり近くをうろうろしています。

f:id:Rangalhu:20150201083414j:plain

 クマザサハナムロかな?大きな群れが目の前を通り過ぎていきます。

f:id:Rangalhu:20150201083415j:plain

 船の中にはキンメモドキがぎっしり。

f:id:Rangalhu:20150201083416j:plain

 カスミアジやクマザサハナムロがびゅんびゅん飛び交っていきます。凄い迫力!

f:id:Rangalhu:20150201083417j:plain

 このカスミアジ、本当に全然逃げません。手を伸ばせば掴めそうな距離です。

f:id:Rangalhu:20150201083418j:plain

 ハタタテダイにカメラが当たりそうな位、思いっきり近づいみましたが、全く逃げようとしません。

f:id:Rangalhu:20150201083419j:plain

 沈船から離れて、根の周辺を回ります。ソフトコーラルも綺麗でした。透明度も抜群!

f:id:Rangalhu:20150201083420j:plain

 クマザサハナムロの群れの大きさが、とにかく凄かったです。

f:id:Rangalhu:20150201083421j:plain

 キンギョハナダイの大きな群れもいました。

f:id:Rangalhu:20150201083423j:plain

 ここは本当に綺麗なポイントです。最後の最後まで楽しませてもらいました。

f:id:Rangalhu:20150201083424j:plain

 名前が分かりませんが、この魚は始めて見ました。固有種なのかな?

f:id:Rangalhu:20150201083425j:plain

 浅瀬近くにも沢山の魚が群れています。う~ん、エキジットしたくない!

 最後は約60分と長めに潜らせてもらいました。このポイントはまた是非潜りたいと思いました。

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:12:41 エキジット時間:13:40

平均深度:12.0m 最大深度:30.0m

水温:27.6℃ 

f:id:Rangalhu:20150201083408j:plain

======================

 これでモルディブクルーズ15本のダイビングが全て終了しました。皆さんお疲れ様でした~!!

 この日は、空港のある北マーレまで移動し、空港近くで停泊、一晩過ごすことになります。

 北マーレまではまた3時間近い航海となります。その間、機材を洗ったり、ご飯を食べたり・・・当然の事ながら、ダイビングが終了したのでビールは飲み放題です(笑)

f:id:Rangalhu:20150201083426j:plain

 夕方近くに、空港付近に到着。この写真は首都のマーレです。緑が全く無く、建物だらけ・・・かなり人口過密状態であることが分かりますね。

f:id:Rangalhu:20150201083427j:plain

 そして最後の夜ご飯。この日は船のオーナーさんがわざわざ来て下さいました。お名前は忘れてしまいましたが、日本語が担当なモルディブ人です。そういえば、2月にNHK BSで放送される旅番組(多分「世界ふれあい街歩き」だと思います、間違っていたらごめんなさい、ネットで調べても情報が無くて・・・)で、宮崎あおいさんと一緒に出演するということをおっしゃっていました。興味のある方は是非ご覧下さい。

 最後に、今日の航路とダイビングポイントの地図を載せておきます。

f:id:Rangalhu:20150201083428j:plain

 次回はついに(やっと?)最終回、モルディブを出発して帰国するまでを書きます。