コモド ダイブクルーズ(2016.4.30~2016.5.7)② コモドへ移動&ダイビング一日目

 今回は、デンパサールからラブハンバジョへの移動と、一日目のダイビングについて書いていきます。

バリ島(デンパサール国際空港)を出発、フローレス島(ラブハンバジョ空港)へ】

 ラブハンバジョ行きの国内線が7:20発であるため、ホテルを早朝5:30に出発、デンパサール空港に向かいます。さすがに眠い・・・

f:id:Rangalhu:20160508090330j:plain

 前日は大渋滞だった道路は、早朝だけにスカスカです。30分もかからずに到着しました。

f:id:Rangalhu:20160508090328j:plain

 デンパサール7:20発ガルーダ航空国内線GA7026便で、フローレス島にあるラブハンバジョ空港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20160508090327j:plain

 ラブハンバジョ空港には定刻通りに到着。天気は快晴、非常に暑い!

f:id:Rangalhu:20160508090326j:plain

 空港の建物は、改築したばかりだそうで、非常に綺麗です。

f:id:Rangalhu:20160508090325j:plain

 ターンテーブル付近はこのような感じで、狭いですがやはり綺麗です。エアコンがしっかり効いていて涼しいです。デンパサールの時とは違って、スムーズに荷物が回収できました。

f:id:Rangalhu:20160508090324j:plain

 建物の入り口付近に飾ってあったコモドドラゴンのオブジェ。剥製かと思いましたが、木彫りでした。

f:id:Rangalhu:20160508090322j:plain

 このような乗り合いタクシーで、港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20160508090317j:plain

 前日宿泊したデンパサールでもそうでしたが、とにかくバイクが沢山走っています。

f:id:Rangalhu:20160508090315j:plain

 15分ほどで港に到着。大量の荷物を降ろして船に向かいます。とにかく暑くて、汗だくになりながらの移動です。

f:id:Rangalhu:20160508090314j:plain

 写真にあるような小型のボートに全ての荷物とゲストが乗り込んで、母船に向かいます。ちなみに、ダイビングの際もこのボートでポイントに向かいます。

f:id:Rangalhu:20160508090313j:plain

 港を出発します。

f:id:Rangalhu:20160508090312j:plain

 港内には、沢山のクルーズ船が停泊しています。

f:id:Rangalhu:20160508090311j:plain

 我々が今回お世話になる船は、この「MSY Duyung Baru」号です。

f:id:Rangalhu:20160508090310j:plain

 船内はこのような感じです。食事は左のテーブルで頂きます。

f:id:Rangalhu:20160508090309j:plain

 左奥がキッチンです。キャプテンの奥様が美味しい料理を作ってくれます。

f:id:Rangalhu:20160508090307j:plain

 最初のチェックダイブのポイントまで、2時間程度の移動です。機材の準備をしつつ昼食を頂きます。昼食はヌードルでした。魚介ベースのあっさりとしたスープがとても食べやすく美味しかったです。

 【1本目:SABAYOR】

  1本目は、チェックダイブを兼ねて穏やかなポイントであるSABAYOR(サバヨール)に潜ります。 

f:id:Rangalhu:20160508090305j:plain

 透明度が良く、珊瑚が綺麗なポイントです。流れはありません。

f:id:Rangalhu:20160508090258j:plain

 グレイリーフシャークかな?

f:id:Rangalhu:20160508090303j:plain

 珊瑚の下に大きなエビがいます。ヒゲしか見えませんが(^^;

f:id:Rangalhu:20160508090302j:plain

 のんびりとしたダイビングで、チェックダイブではありましたがなかなか楽しめました。

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:12:47 エキジット時間:13:48

平均深度:13.8m 最大深度:19.7m

水温:31.4℃

f:id:Rangalhu:20160508090306j:plain

======================

f:id:Rangalhu:20160508090301j:plain

  1本目のダイビングの後、1時間半程度の移動となります。

 【2本目:BATU BOLONG】

 2本目は、コモドの有名ポイントの一つであるBATU BOLONG(バトゥ・ボロン)に潜ります。大物ポイントとの事で、非常に楽しみです(^^)

f:id:Rangalhu:20160508090259j:plain

  エントリーするとすぐ、キンギョハナダイの大きな群れがいました。

f:id:Rangalhu:20160508090255j:plain

  若干透明度が良くないですが、かなり魚影が濃いポイントです。

f:id:Rangalhu:20160508090254j:plain

 カメがいたので接近してみました。ちょっと近すぎたか(^^;

f:id:Rangalhu:20160508090256j:plain

 ロウニンアジの群れが登場!小さい魚の群れを追い回します。

f:id:Rangalhu:20160508090250j:plain

 ナポレオンがいました。あまり近づかせてくれません。

f:id:Rangalhu:20160508090245j:plain

 密集している訳ではないため群れの規模が分かりづらいですが、かなりの数のロウニンアジがいます。

f:id:Rangalhu:20160508090246j:plain

 近づいてもあまり逃げないため、GoProでも良い写真が撮れます。

f:id:Rangalhu:20160508090247j:plain

 さすが人気ポイントです。かなり楽しめました(^^)

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:16:57 エキジット時間:17:47

平均深度:14.1m 最大深度:25.2m

水温:29.8℃

f:id:Rangalhu:20160508090332j:plain

======================

 3本目はナイトダイビングの予定です。

【3本目:MAKKASER REEF】

 3本目はMAKKASER REEF(マッカサー・リーフ)に潜ります。

f:id:Rangalhu:20160508090243j:plain

 GoPro用のマクロレンズを久々に使ってみましたが・・・やっぱり難しい(^^; こういったソフトコーラルウミウシのような生物ならなんとか撮影できるのですが・・・

f:id:Rangalhu:20160508090240j:plain

 分かりにくいですが、中央やや下に砂に隠れている生物がいます。正体は何だか分かりません(^^;

f:id:Rangalhu:20160508090239j:plain

 この日のナイトダイブは、謎の虫(プランクトン?)が大量にいました。ライトを点けてじっとしていると、この通りひも状の生物がお祭り状態になります(^^;;

f:id:Rangalhu:20160508090238j:plain

 珊瑚の隙間に、大きなカニが隠れています。

 ナイトダイブもなかなか楽しめました。ちなみに、今回のクルーズのナイトダイブは全てセルフでガイドが付きませんでした。

 今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:19:12 エキジット時間:20:00

平均深度:14.4m 最大深度:11.8m

水温:30.4℃

f:id:Rangalhu:20160508090244j:plain

======================

f:id:Rangalhu:20160508090237j:plain

 ダイビングの後は、美味しい食事と、もちろんビールです!

 最後に、今日の航路とダイビングポイントの地図を載せておきます。

f:id:Rangalhu:20160508090331j:plain

 次回は二日目のダイビングのお話から書いていきます。