シミラン ダイブクルーズ(2017.12.29~2018.1.3)⑤ オプショナルツアー&帰国(カオラック~バンコク~成田)

 今回は、オプショナルツアーと、日本に帰国するまでを書いていきます。

【オプショナルツアーその1:筏で川下り】

 今日は、プーケット国際空港19:15発の飛行機に乗るため、かなり時間が空いています。そのまま何もしないのは勿体ない・・・という事で、マッサージを受けるチームとオプショナルツアーに参加するチームに分かれて行動することにしました。

 私は、オプショナルツアーチームに参加、3名でツアーに参加しました。

f:id:Rangalhu:20180107141957j:plain

 今日は快晴です。ダイビング終わってから晴れてもなあ(^^;

 ベランダに干した器材はまだ乾いていないので、レイトチェックアウトで確保してあるお部屋のベランダに器材を干しておきます。ツアーから帰ってくる頃にはきっと乾いているでしょう、多分(^^;

f:id:Rangalhu:20180107141951j:plain

 送迎の車は8:00に来るそうなので、急いで朝食を頂きます。

f:id:Rangalhu:20180107141947j:plain

 車は今日も予定より早くホテルに来ました。素晴らしい!

 日本語が話せる現地のガイドさんが、1名ついてくれました。

 カオラックの田舎道を車で走ります。ちょっと郊外に出ると道路はでこぼこ、お店は1件もありません。

f:id:Rangalhu:20180107141941j:plain

 まずは筏での川下りです。写真中央にある竹のかたまり、あれが筏です。靴を脱いで裸足で筏に乗ります。定員は船頭さん(という言い方で合ってるのか?(^^;)含め3名です。

 筏には裸足で乗るので、ビーチサンダルは必要ありません。

f:id:Rangalhu:20180107141937j:plain

 それでは出発です!写真のように船頭さんが長い竹を1本持って、座礁しないように方向を調整しながら進みます。

f:id:Rangalhu:20180107142124j:plain

 今回の参加者は、我々3名だけです。貸し切り状態(^^)

 2艘の筏で進みます。

f:id:Rangalhu:20180107142119j:plain

 少し流れが速いところに来ると、写真のように思いっきり水が入ってきます。ですので、水着とまでは言いませんが、濡れてもいい恰好で参加することをお勧めします。

f:id:Rangalhu:20180107142112j:plain

 大きな岩の間をすり抜けていきます。

 ぶつかったら、ばらならになりそう(^^;

f:id:Rangalhu:20180107142304j:plain

 船頭さん、船を降りちゃってますね(^^;

 水深はせいぜい10センチとか、その程度なので転覆する心配はありません。f:id:Rangalhu:20180107142243j:plain

 ここまで天気が良いと暑いように思えますが、川の上はとても涼しくて非常に心地良いです(^^)

f:id:Rangalhu:20180107142449j:plain

 この橋を通過すると、間もなくゴールです。

 船頭さん、かなり重労働だと思います。

f:id:Rangalhu:20180107142445j:plain

 筏下り終了。約3キロの旅でした。

 結構楽しめました。参加して良かったです(^^)

【オプショナルツアーその2:ゾウに乗ってトレッキング】

f:id:Rangalhu:20180107142439j:plain

 川下りに続き、今度はゾウに乗ってトレッキングするツアーに参加します。

 入口の建物です。

f:id:Rangalhu:20180107142435j:plain

 ゾウの乗り場に向かう途中、檻がいくつかあって、オウムやワニ等が飼われていました。何か言葉をしゃべってましたが、タイ語で良く分かりませんが(^^;

f:id:Rangalhu:20180107142426j:plain

 ゾウ乗り場です。沢山のゾウがいます。

f:id:Rangalhu:20180107142636j:plain

 ゾウの背中には写真のように椅子が設置されていて、二人まで乗ることができます。ドライバー(ゾウ使いって言った方が正しいのかな?)はゾウの頭の上に座ります。

f:id:Rangalhu:20180107142628j:plain

 それでは出発!ゾウの上は結構高いです。のっしのっしと歩いていきます。

f:id:Rangalhu:20180107142621j:plain

 ドライバーはこんな感じで座って、足でゾウの耳の裏を蹴って歩く方向を指示します。

 よく訓練されていますね。

 私が乗ったゾウは、メスの「シンディ」ちゃんです。

f:id:Rangalhu:20180107142617j:plain

 細い山道をどんどん進んでいきます。

f:id:Rangalhu:20180107142758j:plain

 笹をつまみ食い中。お腹が空いているのかな?

f:id:Rangalhu:20180107142612j:plain

 私が乗ったゾウは歩みが速く、先行していたゾウに追いついてしまいました。

f:id:Rangalhu:20180107142749j:plain

 ドライバーは途中で降りて、お客さんをゾウの頭に乗せて地上から操ったりします。

 私が頭に乗ったときは、なぜかコースを逆走しようとしました(^^;

f:id:Rangalhu:20180107142723j:plain

 山道を下っていきます。ドライバーにカメラを渡せば撮影してくれます。

f:id:Rangalhu:20180107142921j:plain

 スタート地点に戻ってきました。

 ゾウに乗る経験はそうできる事では無いと思いますので、是非試してみると良いと思います。

 ちなみに、乗り場付近にバナナがひと房100バーツで売られていて、ゾウにあげることもできますので、是非お試しください。乗せてくれたご褒美に(^^)

f:id:Rangalhu:20180107142916j:plain

 檻の中で飼われているワニです。ほとんど身動きせず(^^;

f:id:Rangalhu:20180107142910j:plain

 こっちのワニは、水槽を泳ぎ回っていました。

f:id:Rangalhu:20180107142904j:plain

 分かりにくいですが、孔雀が2羽います。しばらく粘ってみましたが、羽を広げてくれませんでした。

 この後、滝がある場所に連れて行ってもらいました。

f:id:Rangalhu:20180107142857j:plain

 滝への降り口付近に、トカゲ2匹を持った人がいました。

 100バーツで一緒に写真を撮ってくれるとの事だったので、試してみました。

 ちょっと高いですかね?多分値切れたと思いますが、350円位だし・・・現地にお金を落とすのは観光客の役割ですからね。

f:id:Rangalhu:20180107143125j:plain

 滝と言っても、写真のような小さい滝です。

f:id:Rangalhu:20180107143119j:plain

 しばらくのんびりした後、昼食を頂ける場所に案内してもらいました。

f:id:Rangalhu:20180107143114j:plain

 View Point Restaurantというお店です。

f:id:Rangalhu:20180107143108j:plain

 タイ料理を頂きました。さほどスパイシーではなく、美味しかったです。

 当然ビールと一緒に頂きました。

 本日のアクティビティはこれで終了です。

 ホテルに戻って、器材(やっぱり生乾きだった(^^;)をパッキング、プーケット国際空港に向かいます。

プーケットを出発、バンコク

 ツアーを案内して頂いたバンで、まずはプーケット国際空港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20180107143103j:plain

 空港近くの道路は、結構混みあっていました。

 それにしても、街中はあまりHappy New Yearな雰囲気が無いんですよね。タイってこんな感じなのかな?

f:id:Rangalhu:20180107143305j:plain

 日本のお祭りの屋台みたいです。

f:id:Rangalhu:20180107143258j:plain

 約1時間で空港に到着しました。

f:id:Rangalhu:20180107143247j:plain

 出発まで時間があったので、空港内のレストランに入りました。

f:id:Rangalhu:20180107143242j:plain

 私は鴨肉が入ったラーメンを注文しました。豚骨ラーメンのようなスープでした。

 お味はまあまあかな?

f:id:Rangalhu:20180107143421j:plain

 国内線乗り場は大混雑・・・また遅延しないと良いなあ、と思っていたら案の定遅延です(^^;

 約40分出発が遅れるとの事。バンコクの空港でお土産を物色する時間が無くなるのが辛い(^^;

 プーケット国際空港19:15発国内線TG218便で、バンコク国際空港に向かいます。

バンコクを出発、成田へ

 バンコク国際空港に到着。急いでお土産を買いに行きます。

f:id:Rangalhu:20180107143416j:plain

 同じ考えの人が多かったらしく、みなさん急ぎ足です(^^;

f:id:Rangalhu:20180107143412j:plain

 バンコク国際空港22:30発(出発時間が変更になっていたような気がしますが、記憶が定かではありません(^^;)TG640便で、成田空港に向かいます。

f:id:Rangalhu:20180107143408j:plain

 成田空港には定刻通り到着。さ、寒い・・・(^^;

 成田空港で参加者の皆さんとお別れし、新幹線で仙台に戻りました。

f:id:Rangalhu:20180107143401j:plain

 仙台は写真の通り吹雪で、寒いなんてもんじゃありませんでした(^^;

 今回のダイブクルーズの旅行記は、これで全て終了となります。

 最後まで読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。