神子元&伊東ダイビング(2018.8.11~2018.8.14)④ 伊東ダイビング

 今回は、伊東でのダイビングのお話から書いていきます。

 【伊東ダイビング

 この日は朝から快晴で、非常に暑いです。

 伊東で利用した「伊東ステーションホテル」の写真を撮り忘れていました・・・簡単に紹介しておきます。

 このホテルは伊東駅にとても近いのですが、かなりリーズナブル。ビジネスホテルとしてはお部屋も十分な広さだと思います。伊東駅周辺に宿泊するのであれば、お勧めです。

 ホテルを7:30頃にチェックアウトし、伊東のダイビングサービスに移動します。

 伊東でのダイビングは3本で、白根南、白根北、白根南の順に潜りました。

 神子元ダイビングのブログ同様、3本分まとめて写真を載せます。

f:id:Rangalhu:20180816162541j:plain

 神子元と違って、伊東は透明度がイマイチ・・・10m程度です。

f:id:Rangalhu:20180816162538j:plain

 魚影は非常に濃いです。さすが伊東です。

f:id:Rangalhu:20180816162534j:plain

 伊東は、回遊魚狙いです。こういった小さい魚の群れが、勢いよく動き出したら要注意です。

f:id:Rangalhu:20180816162530j:plain

 カンパチの大きな群れが登場!!

f:id:Rangalhu:20180816162526j:plain

 透明度が良ければ、良い写真が撮れたと思うんですけどね・・・ちょっと残念。

f:id:Rangalhu:20180816162646j:plain

 白根南はイマイチでしたが、白根北はとても良かったです。

f:id:Rangalhu:20180816162642j:plain

 水面近くであれば、なんとか綺麗な写真が撮れました。

f:id:Rangalhu:20180816162638j:plain

 水面近くの写真をもう1枚。

 ところで、伊東の白根北・南はガイドロープが張ってあるため、潜行・浮上は簡単なのですが、水面付近がかなり強い流れになる場合が多く、初心者の方だとエントリーしてからロープにたどり着くまでに体力が持たない可能性があるので、気を付けて下さい。

 なお、伊東で使用するダイビング船は、漁船です。船(というより船長、という言い方が正しいかも)によって当たり外れがあります。外れを引いてしまうと、船長さんはただ単にポイントに連れて行くだけで、本当に何もしてくれません。この辺りは、事故が起きてしまう前に改善して欲しい所ですね・・・

 そんな訳で、伊東は初心者向けではないと思います。

 3本分のダイビングログです。

======================

①1本目

エントリー時間:9:27 エキジット時間:10:03

平均深度:15.7m 最大深度:22.1m

水温:25.6℃

②2本目

エントリー時間:11:55 エキジット時間:12:37

平均深度:10.4m 最大深度:14.5m

水温:28.6℃

③3本目

エントリー時間:13:45 エキジット時間:14:19

平均深度:16.1m 最大深度:22.4m

水温:24.0℃

 

======================

【伊東を出発、東京へ移動】

 ダイビング後は、機材を洗ってシャワーを浴びます。出発の準備が整ったのは16時頃。その後昼食に向かいますが、既に夕食の時間に近いですね(^^;

f:id:Rangalhu:20180816162630j:plain

 昼食は、「花季(はなごよみ)」で頂きました。

f:id:Rangalhu:20180816162739j:plain

 ビールと一緒に注文した、塩辛と蛸ワサのセット。左の「イカの三升漬」は絶品!

f:id:Rangalhu:20180816162735j:plain

 私はこの「金目丼」を注文しました。お味はまあまあかな?

 食事の後は、東京に向けて移動です。

 途中、熱海付近で渋滞に巻き込まれましたが、東名はさほど混雑していませんでした。蒲田駅に着いたのは21:30頃。ほぼ予定通りです。

 私は蒲田駅付近のホテルで1泊し、翌日新幹線で仙台に戻りました。

 

 今回の神子元&伊東ダイビングの旅行記は、これで終了となります。

 最後まで読んで下さった皆様、どうもありがとうございました。