読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

礼文トレッキング④(2015.9.19~2015.9.23)4日目

 トレッキング最終日の4日目は、礼文岳の山頂を目指しました。

礼文岳

 まず気になるのは今日の天気ですが・・・

f:id:Rangalhu:20150926141706j:plain

 快晴という訳ではなさそうです。

 今日は礼文島の最高峰(と言っても490mですが)の礼文岳山頂を目指します。往復約3時間の道程です。

f:id:Rangalhu:20150926141708j:plain

 まずはバスでフェリーターミナルから内路(ないろ)まで移動。

f:id:Rangalhu:20150926141707j:plain

 ここが登山口です。山頂までは約1.5~2時間の行程です。

f:id:Rangalhu:20150926141709j:plain

 時間と共に、上空の雲が無くなりました。これなら山頂から素晴らしい景色が見られるはず!

f:id:Rangalhu:20150926141710j:plain

 登山口から15分程度は、このような景色を見ながらつづら折りの道を登っていきます。

f:id:Rangalhu:20150926141711j:plain

 その後は暫くの間、このような道をどんどん登っていきます。

f:id:Rangalhu:20150926141714j:plain

 やがて視界が開けてきますが・・・あれ、雲が広がっている・・・

f:id:Rangalhu:20150926141713j:plain

 山頂に着く頃には、きっと快晴になっているはず、と祈りつつ・・・

f:id:Rangalhu:20150926141715j:plain

 ニセ山頂からの眺め。本当の山頂まであと少し。

f:id:Rangalhu:20150926141716j:plain

 山頂に到着。思いっきり雲がかかっています(TT

 暫く待てば雲が晴れるかも、と期待しつつ、暫く山頂で待機。風を遮る物が何も無いので、じっとしているとかなり寒いです。

f:id:Rangalhu:20150926141717j:plain

 同じ思いで山頂待機の人達がいます。そして・・・

f:id:Rangalhu:20150926141718j:plain

 待つこと約30分、かろうじて景色が見えました。

f:id:Rangalhu:20150926141719j:plain

 この日は、これが限界でした。快晴だと、360度海に囲まれていることが分かるような素晴らしい景色が見られます。帰りのバス時間もあったので、30分で諦めて下山します。

f:id:Rangalhu:20150926141720j:plain

 同じ道を辿って下山します。登山口付近まで来ると、この通り良い天気に。もう少し遅い時間に登っても良かったかも(^^;f:id:Rangalhu:20150926141722j:plain

 この日は、利尻富士もはっきりと見えました。

 トレッキングはこれで全て終了です。

f:id:Rangalhu:20150926141723j:plain

 礼文最後の夕食。明日は一日がかりで仙台に戻ります。