読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ ダイブクルーズ(2016.12.28~2017.1.4)⑦ モルディブ出国&シンガポールで足止め

 今回は、モルディブを出発してシンガポールに到着、そして足止めされるまでを書いていきます。

モルディブを出発、シンガポールへ】

  今日はいよいよモルディブを出発し、帰国する日です。寂しいですが仕方ありません。あと1週間くらい滞在したい・・・

f:id:Rangalhu:20170115194316j:plain

 朝起きると、この通り快晴です。本当にモルディブの乾季らしい天気。今更すぎます(TT

 機材はほぼ乾いていたので良かったですけどね。

f:id:Rangalhu:20170115194318j:plain

 北マーレの市街地が見えてきました。

f:id:Rangalhu:20170115194317j:plain

 最後の食事。本当に毎日美味しい食事でした。ありがとうございました。

 朝食の後はパッキングと清算を済ませ、下船の準備です。

 スタッフの皆さんと記念写真を撮り、クルーズ船を降りてドーニ船に乗り移ります。

f:id:Rangalhu:20170115194320j:plain

 徐々に遠ざかっていくクルーズ船。本当にお世話になりました。

f:id:Rangalhu:20170115194322j:plain

 船着場に到着です。

f:id:Rangalhu:20170115194323j:plain

 ドーニ船を降りて空港へ。

f:id:Rangalhu:20170115194324j:plain

 ここから入場。荷物検査を受けます。

 クルーズ船のスタッフの方とは、ここでお別れです。

 この先でチェックインの手続きを行うわけですが、シンガポールまでは共同運航便のシルク・エアーに搭乗することになるとのこと、更にシンガポールまでの便がまだ到着していないことを知らされます。

 更に更に、遅れは約7時間・・・って事は、シンガポールでの乗り継ぎ便に間に合わないじゃないですか?!

 まあ仕方ないか、それじゃあ代わりの便を手配して下さい、とお願いしたところ、成田到着は1/4の7:30、それ以前の便は満席との事。えっと、あの・・・1/4は仕事始めなんですけど(^^;

 空港スタッフにどうにかならないか交渉しましたが、どうにもならないとの事。

 ここでゴネてもどうにもならないようなので、諦めて出発時間まで6時間ほど空港待機することにしました。ヨーロッパ系と思われるご夫婦の奥様が、諦めきれずに暫くの間空港スタッフにキレまくってました(^^;

 こういう所は、日本人と違いますね。

f:id:Rangalhu:20170115194325j:plain

 代替便のチケットと合わせて、14ドル分の食事が出来るチケットを頂いたので、空港内のレストランで食事しました。

 私が注文したのは、この麺です。あっさりとした味で美味しかったです。

f:id:Rangalhu:20170115194326j:plain

 クルーズ船では、インスタントコーヒーしか飲めなかったので、美味しいコーヒーでも飲みたいなあ、と思ってアイスコーヒーを注文したら、こんなものが出てきました。

 これ、アイスコーヒーなのかな?(^^; 甘すぎてコーヒーを飲んだ気がしません(TT

 食事の後はお土産を買ったりしながら、出発時間を待ちます。

 マーレを17時頃出発するMI481で、シンガポールに向かいます。

 それにしてもシルク・エアー、シンガポール航空と違って機内は狭い、座席ごとにテレビが無い、機内食の量が少ない、ANAのマイルが付かない等、とにかく良い事がありませんでした。できればもう二度と使いたくない航空会社ですが、今後シンガポールとローカルの空港を結ぶ路線は、シルク・エアーに変わっていくようです。

f:id:Rangalhu:20170115194327j:plain

 シンガポール空港には現地時間1:10、定刻通り到着。飛行機を降りたところでホテルのチケットを受け取り、タクシー乗り場へ向かいます。

 なんだかもの凄い行列が(^^;

 いったい何時間待ちなんだろう、と思ってましたが、40分程待った所でタクシーに乗れました。乗客の数も凄いですが、タクシーの台数もかなりあるようです。

 タクシーで20分ほど移動し、「Grand Mercure Roxy」というホテルに到着しました。

 明日はシンガポール発23:55の飛行機のため、かなり時間があります。折角シンガポールに来たんだし、マーライオンくらい見ておこうか・・・と、なんとなく計画を立てて、4:30頃に就寝しました。

 次回は、シンガポール観光と、日本に帰国するまでのお話を書いていきます。