読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モルディブ ダイブクルーズ(2015.12.26~2016.1.2)③ ダイビング二日目

 今回は、二日目のダイビングについて書いていきます。

【1本目:FISH HEAD】

 今日はFISH HEAD(フィッシュ・ヘッド)というアリ環礁随一と言えるポイントで2本潜る予定です。まずは昨日潜ったMAAYA THILA(マーヤ・ティラ)から約1時間南下します。

 ポイント付近に到着、早速エントリーします。

f:id:Rangalhu:20160110124814j:plain

 エントリーするとすぐ、ヨスジフエダイの大きな群れがいました。

f:id:Rangalhu:20160110124815j:plain

 根の窪みにもヨスジフエダイがぎっしりと詰まっています。

f:id:Rangalhu:20160110124816j:plain

 魚影の濃さもこの通り、凄まじいです。

f:id:Rangalhu:20160110124817j:plain

 とにかく物凄い数!ぐちゃぐちゃです。

f:id:Rangalhu:20160110124818j:plain

 バラクーダの小さな群れがいました。モルディブでは、ギンガメアジやバラクーダの大きな群れを見たことがありません。深い場所に集まっているのかな?

f:id:Rangalhu:20160110124819j:plain

 カスミアジの群れを発見。もうちょっと近くに来ないかな・・・

f:id:Rangalhu:20160110124905j:plain

 ムレハタタテダイの集団を発見。これもかなりの数です。

f:id:Rangalhu:20160110124821j:plain

 水底一面にヨスジフエダイが広がっています。

f:id:Rangalhu:20160110124822j:plain

 ヨスジフエダイの群れを掻き分けながら進んでいきます。

f:id:Rangalhu:20160110124823j:plain

 カスミアジとロウニンアジの群れが餌を求めてうろうろしています。透明度も非常に良いです。

f:id:Rangalhu:20160110124824j:plain

 カスミアジ&ロウニンアジの動きに合わせて、小魚達の群れが大きく動きます。

f:id:Rangalhu:20160110124825j:plain

 透明度が高いので、ヨスジフエダイの綺麗な写真が撮れます。

f:id:Rangalhu:20160110124828j:plain

 カスミアジは色が綺麗なので、大好きです。つい沢山写真を撮ってしまいます。

f:id:Rangalhu:20160110124829j:plain

 だんだんと大きな群れが入ってきました。

f:id:Rangalhu:20160110124830j:plain

 カメがいました。何やらガジガジとかじりついています。近づいても全く気にならないようです。

f:id:Rangalhu:20160110124831j:plain

 1~2メートル位のサメがいました。ホワイトチップかな?

f:id:Rangalhu:20160110124832j:plain

 ガイドさんもカメラを持って撮影しています(笑) これだけ素晴らしい海ですからね~撮影せずにはいられない!

f:id:Rangalhu:20160110124833j:plain

 やっぱりFISH HEADは最高!何度でも潜りたいと思わせるポイントです。

  今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:7:47 エキジット時間:8:46

平均深度:13.1m 最大深度:30.8m

水温:29.7℃

f:id:Rangalhu:20160110124813j:plain

======================

  この後朝食を頂き、暫くの間休憩です。

f:id:Rangalhu:20160110124835j:plain

  素晴らしいダイビングの後の朝食は美味しいです。毎日ほぼ完食してました。

f:id:Rangalhu:20160110124834j:plain

  こんな景色を見ながらのんびりとお昼寝・・・最高の贅沢です。

 【2本目:FISH HEAD】

  そして、本日2本目のFISH HEADです。早速張り切ってエントリー!

f:id:Rangalhu:20160110124837j:plain

  ヨスジフエダイのぐっちゃりとした群れと・・・

f:id:Rangalhu:20160110124838j:plain

  餌を求めてうろうろするカスミアジの群れ。相変わらず素晴らしい光景が広がっています。

f:id:Rangalhu:20160110124839j:plain

 通りすがりのイーグルレイ。あっという間に遠ざかっていきました。

f:id:Rangalhu:20160110124840j:plain

  ホワイトチップとコバンザメ。

f:id:Rangalhu:20160110124842j:plain

 2本目は若干透明度が落ちてきました。流れはほとんど無し。魚影の濃さは相変わらず凄いです。

f:id:Rangalhu:20160110124843j:plain

 ヨスジフエダイの群れを正面から撮ろうとしましたが、難しい・・・

f:id:Rangalhu:20160110124845j:plain

 ウメイロモドキかな?この魚も綺麗な色なので好きです。

f:id:Rangalhu:20160110124846j:plain

 カスミアジの群れが目の前を通過していきます。

f:id:Rangalhu:20160110124847j:plain

 2本目もやっぱり素晴らしかったFISH HEADです。

  今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:11:20 エキジット時間:12:20

平均深度:14.5m 最大深度:24.5m

水温:29.8℃

f:id:Rangalhu:20160110124836j:plain

======================

f:id:Rangalhu:20160110124850j:plain

 そしてお昼ご飯です。1本潜ると、とにかくお腹が空きます。

f:id:Rangalhu:20160110124851j:plain

 ダイビングの合間に私が釣った魚を味噌汁にしてもらいました。とても美味しかったです(^^)

f:id:Rangalhu:20160110124849j:plain

 FISH HEADはこれで終了。次はアリ環礁の西部に移動です。

 【3本目:MOOFUSHI CORNER】

  約1時間の移動後、アリ環礁の西部にあるMOOFUSHI CORNER(モーフシ・コーナー)に潜ります。ここはマンタのクリーニングステーションがあります。

f:id:Rangalhu:20160110124854j:plain

  マンタいるのかな、と不安に思いつつエントリー・・・いました!

f:id:Rangalhu:20160110124855j:plain

 マンタは泡を嫌がるので、真上を通過しそうになったら頑張って呼吸を止めて撮影。かなり近くを通過してくれます。

f:id:Rangalhu:20160110124856j:plain

 2枚のマンタが写っています。ちょっと遠い・・・

f:id:Rangalhu:20160110124857j:plain

 さらに1枚追加。この日は4枚のマンタが出ました。

f:id:Rangalhu:20160110124858j:plain

 マンタ以外の魚もこの通り、気持ち良さそうにベラにクリーニングしてもらっています。

f:id:Rangalhu:20160110124859j:plain

 複数マンタが同時に頭上を通過してくれないかな~と思いながら待ちましたが、さすがに難しいです。

f:id:Rangalhu:20160110124900j:plain

  2枚でこの距離が精一杯でした。まあ見られただけで良しとしなければ(^^;

f:id:Rangalhu:20160110124901j:plain

 最後にもう一度1枚のマンタが真上を追加。40分ほど粘ってこの場所を離れました。

f:id:Rangalhu:20160110124902j:plain

 この地味な配色の魚の大きな群れがいました。全然近づかせてくれません。

  今回のダイビングログです。

======================

エントリー時間:15:07 エキジット時間:16:02

平均深度:15.4m 最大深度:22.6m

水温:30.0℃

f:id:Rangalhu:20160110124852j:plain

======================

 この日のダイビングはこれで終了。ナイトダイビングはありません。

f:id:Rangalhu:20160110124903j:plain

 沈んでゆく夕日を眺めながら・・・

f:id:Rangalhu:20160110124904j:plain

 美味しい夕食とビール。今日も充実の一日でした(^^)

 最後に、今日の航路とダイビングポイントの地図を載せておきます。 

f:id:Rangalhu:20160110124906j:plain

 次回は、三日目のダイビングのお話から書いていきます。